いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
勝手に相手に期待して、
そうならなかった時にイライラする・・・。
 
 
 
例えば、
自分が不在の時に、
ダンナさんが食事の後片付けまで
きちんと終えていてくれない時、
 
「もう、そのぐらいやっておいてよ!!」
 
というイライラする気持ちと心の声。
 
 
 
「状況、察してよ!!」

 
と言いたくなる時もありますよね。
 
 
 
私も昔そんなことありました。
 
 
 
でも、それは、
こちらが勝手に相手にしていた
 
『無言の期待』
 
です。
 
 
 
いくら期待しても、
 
無言・・・

つまり意思表明していないのですから
相手には伝わっていません。
 
 
 
特に、自分に余裕がない時、
近い存在の人には
こういう期待をしがちです。
 
 
 
でも、相手に伝えてもいないことで、
 
相手がそれに気づかなかったから、
それをしてくれなかったから、

 
・・・と、イライラするのは、
おかしいですよね。
 
 
 
自分がどこまで望んでいるか、
イチイチ察して動いてほしい
 
・・・なんて、
それこそハードル高いお願いですよね。
 
 
 
私だって、無理だー(笑)!!
 
 
 
イライラするだけ損、損!!
 
 
 
・・・と、それに気づいてから、
お願いしたいことは、
言葉できちんと伝えるようになりました。
 
 
 
「こうなったら嬉しいな~(^^♪」
 
と、ひとこと相手に伝えることで、
「無言の期待」は「お願い」に代わります。
 
 
 
「期待」を「お願い」に変えれば、
それを叶えてくれた時、
その状況に対してだけでなく、
相手への感謝も生まれますよ~!!
 
 
 
毎度、伝えていくことで、
そのうちイチイチ言わなくても
勝手にそうしてくれるようになったりしますしね(笑)。
 
 
 
「イチイチ言わないと分からない!」
 
 
 
はい、それでいいと思います。
 
 
 
言わなきゃ、わかりません(笑)!!
 
 
 
イチイチ、自分の望む気持ちや状況を表明して、
自分がご機嫌でいられる選択肢を増やしましょう☆彡