いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
あなたは、誰かに、または何かに対して
「罪悪感」を感じていませんか?
 
 
 
誰もが、過去一度や二度は
感じたことがあると思います。
 
 
 
でも、この「罪悪感」って、
本当は、誰かに決められたものでも
押し付けられるものでもないんです。
 
 
 
罪悪感とは、
 

『自分が無意識に
自分の中に作り上げたルール』

 
もしくは
 

『世間一般で常識とされていること
を守れなかった時に、
自分のことを責めてしまう感情』

 
なんです。
 
 
 
そのルールや常識とは、
 
『こういう状況(立場)なら、
こうするのが普通(当たり前)』

 
・・・という「こうあるべき」的なモノ。
 
 
 
これを守れなかった時に、「罪悪感」が発動します。
 
 
 
例えば、先日お話しした方は、
 
「子供の参観日・・・
やりたいことがあって行きたくないのに、
行かないと罪悪感を感じてしまう・・・」

 
・・・とおっしゃっていました。
 
 
 
なぜ、そう思われるのか、その理由をお伺いすると、
 
「参観日って、みんな参加しますよね?
子供も寂しいかな・・・とか考えちゃうと・・・。」

 
・・・とのこと。
 
 
 
でも、本当にそうですか?

 
 
 

別に行かなくてもいいんですよ!!

 
 
 

『参観日はみんな参加するもの』
 
・・・という常識や、
ご自分の中でのルールがあるから、
それが出来なかった時に
罪悪感を感じてしまうんですよね。
 
 
 
「お子さん、寂しいって言ってたんですか?」
 
・・・と伺うと、
 
「いえ、言われたことはないんですけど・・・。」
 
・・・とのこと。

 
 
 

そうですよね。

 
 
 

子供であろうとも、
自分以外の人の気持ちは
誰にも分かりません。

 
 
 

「寂しいに違いない!
だから自分はこうしてあげなくちゃいけない!」

 
といろいろ勝手に決めつけて、
結果、持たなくてよい「罪悪感」にさいなまれる。

 
 
 

なので、ここで
 
「毎回、参観日に参加する」
「メリット」と「デメリット」
 

 
「参観日に参加しない日がある」
「メリット」と「デメリット」
 
を書き出して頂きました。

 
 
 

書き出していくと、
後者の「メリット」」の方が大きく、
ご自分で書き出した文字を見ながら、
その方が潜在意識の中に無意識に持っていた
ルールを書き換えることができました。

 
 
 

潜在意識の中で、そのもう必要ないものを
メリットとして大事に持ち続けてだけ、なんですよね。

 
 
 

参加できない日にフォーカスするのではなく
参加できた日の達成感を味わい、自分をほめる。

 
 
 

そうすると、
 
罪悪感 ⇒ 達成感
 
にチェンジされ、一気に幸せ感アップします♡

 
 
 

「なんで私、罪悪感なんて感じてたんだろう~」
 
と表情明るくなられていましたよ~☆彡

 
 
 

アウトプットの力って
本当に大きいんです!!

 
 
 

自分がなぜモヤモヤしながらも
その行動をするのか。

 
 
 

その行動には、
必ず「メリット」があります。

 
 
 

モヤモヤしている時点で、
その「メリット」だと思っていることは
もう「メリット」ではないんですけどね(笑)。

  
 
 

そのメリットは、
 
「実はもうメリットではない」
 
ということを
自分に納得させてあげることで、
自分の中の思考設定が書き換えられ、
今までと選択も行動も変わってきますよ~!

 
 
 

「罪悪感」は、ただの自分いじめでしかなく、
潜在意識の中に
 
「いつも私が悪い」
 
といった信念を刷り込んでいるようなもの(-_-;)。

 
 
 

そんなルール、持っていていいも、
いいコトなんて一つもありませんので
どんどん手放してしまいましょう!

 
 
 

ルールは少ない方が生きやすいのです☆彡

 
 
 

このように、
 
頭で思っている理想と
目の前の現実が違っていたり、

 
理由は分からないけど
何だかモヤモヤする

 
・・・という方!

 
 
 

過去の経験から作られた
思い込みや思考のクセなど、
ココロの奥深くに刷り込まれたルールに
縛られていることが多いはずです!!

 
 
 

気づいたタイミングで、
手放し、書き換えてあげると
ラクに自由に生きられるようになりますよ~☆彡