いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
今日は、なかなかダイエットが続かないお客様との
セッション&ワークでした♬
 
 
 
こちらのセッションでは、
 
「どう感じましたか?」
 
と、感情を聞きだしていく作業が多く含まれますが、
その「感情」がなかなか出てこないことがあります。
 
 
 
「ワクワクする!」とか
「嬉しい!」とかのような
「快の感情」であっても、です。
 
 
 
*自分の気持ちや感情が分からない・・・。
 
*過去に体験した感情が思い出せない・・・。
 
というように、
 
嬉しかった感情
楽しかった感情
気持ち良かった感情
誇らしかった感情

 
このような「感情」すら思い出しづらい方は、
今まで感情が抑圧されてきた可能性大!です。
 
 
 
「自分の感情を出すのはダメ!」
 
と何らかの過去の体験をきっかけにして
そう思い込んでしまったのかもしれません。
 
 
 
こういう場合の原因は、
 
感情を抑圧することで思考を停止させ、
「嫌な思い」からご自身を守っている

 
か、
 
感情を抑圧することでご自分の存在を隠し、
「自己否定」からご自身を守っている

 
か、のどちらかが多いんです。
 
 
 
こ自身を守るために、
 

感情を解放する「自信」を持てずにいる
=自己肯定感が低い


 
という心理状態を創ってしまいます。
 
 
 
なりたい自分や
望む未来を現実化させるために
潜在意識をうまく使うためには
 

「自己肯定感」


はマストアイテム!
 
 
 
なので、感情を
どんどん出してあげてほしいんです。
 
 
 
ネガティブであろうと
ポジティブであろうと
「感情」自体には善悪の区別なく
ただのエネルギーですからね!
 
 
 
赤ちゃんの時は、
100%感情を解放していますよね!?
 
 
 
でも、だんだんそれができなくなる。
 
 
 
成長過程で、親や社会に「~こうあるべき」とか
「自由より規律を守ること」を重視され始めることで、
人はだんだん自分の存在を守るために
感情を抑圧し始めてしまうんですね。
 
 
 
この場合は本人には記憶がないので、
潜在意識にしかわからないんですが・・・。
 
 
 
自分を守るための「感情の抑圧」は、
潜在意識が自分を守ろうとして
そうさせているので、
そこを根ほり葉ほり掘っても、
そう簡単に答えは出ないようになっています。
 
 
 

潜在意識
=絶対かつ不変の自分への愛


なので、
 
「感情を自由に出してしまうと、
自分の命が危ない!!」

 
と潜在意識が信じていると、
 
「感情の抑圧という盾」
 
を創って、あなたを死にもの狂いで守ってくれます。
 
 
 
潜在意識は、
 
「もう感情を出しても大丈夫!」
 
とココロの底から確信するまで守り続けてくれます。
 
 
 
だからもう、過去の記憶を引っ張り出すのはやめて、
今、この瞬間にわいては消えて行く
 
「リアルタイムの感情」
 
に気づく訓練をしてみましょう。
 
 
 
いちいち、
自分の感情の動きに敏感になってみる。
 
 
 
そうすると、
 
「あー、私、こんなことが嬉しいんだな」
 
とか
 
「あー、私、こうされるとイヤなんだー」
とか
 
自分の感情に気づけるようになります!
 
 
 
自分の感覚(感情)を察することができるようになり、
 
「感情を思い切り解放しても
何の心配もいらないよ~!」

 
と潜在意識に気づかせてあげれば、
もう今までの無意識の「感情の抑圧」から解放されますよ!!