いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
先日、急きょ、対面でもなくスカイプでもなく、
メッセージのみでのセッションをしました。
 
 
 
ご夫婦間についてだったのですが、
それはもう、いろんな「思い込み」や「とらわれ」が
絡み合ってしまっていました。
 
 
 
でも、一つずつ紐解いてほどいていったら、
答えはシンプルでしたよ♡
 
 
 
お悩みは、
『ご主人とうまくいかないこと』。
 
 
 
「自分らしくいられないし、
なぜかお互いイライラするし、
小さなことが積み重なって
完全に家庭内別居状態なんです。」

 
とのこと。
 
 
 
「私がイライラしているのは、
ダンナさんにイライラするようなことされるから!
なのに、それに対して文句を言われる。」
 
 
 
何にイライラしたのかはわかりませんが、
ただ一つ言えることは、
 
彼女の「イライラの感情」は、
彼女が創っているものであり、
他人のせいではないということ。

 
 
 
言葉だけを聞くと
冷たく突き放されたように
感じてしまうかもしれませんが、
 
自分の感情を
他人のせいにしていると
いつまで経っても
自分の幸せを他人に決めてもらっている

 
ことになってしまいます・・・。
 
 
 
同じことをされても
イライラしない人もいますよね。
 
 
 
そのダンナさんの行為が、
たまたま彼女の中では
「イライラポイント」だった
・・・いうこと。
 
 
 
そこに過剰に反応してしまうということは、
彼女の中に、
何かそこに反応するモノがあるということ。
 
 
 
それが何なのか、探っていきました。
 
 
 
そしたら、でてきた答えは・・・・
彼女の理想の在り方にありました!!
 
 
 
彼女の理想の在り方は、
 

ぼっーとしてても
それを認めてもらえる自分♡

 
 
 
でも、育ってこられた環境や
お母さんからの影響で
 
「自分はしっかりしなきゃ、とか、
頑張ってなきゃ、って
いつも思ってしまう」

 
・・・んだそう。
 
 
 
無意識に頑張り続けて、
緩められる時がなかったんですね。
 
 
 
そうやって頑張り続けている彼女。
 
 
 
そんな彼女の目の前で、
 
「疲れたー」
 
・・・って言いながら、
だらだらしている旦那さん。
 
 
 
「私だって、そう生きたいのに!!!!」
 
という根底の思いが沸々し、
自分が自分に禁止しているはずの生き方を
平気でしているご主人に
イライラして過剰に反応してしてしまうんですよね。
 
 
 
誰からも
 
「ぼーっとするな!」
 
って言われたわけじゃない。
 
 
 
そして、ぼーっとすることについて
過去にご主人から
何も言われたことがないのに
 
「気を抜くと言われる気がして・・・」
 
・・・と出来なかったそうです。
 
 
 
過去のいろんなとらわれに影響され、
 
「ぼーっとする=ダメな自分」
 
と思い込んでしまい、
 
「ぼーっとすること」に対して
勝手に罪悪感を抱いていた。
 
 
 
そして
 
「何か言われる気がする」
 
と先読みして、その思い込みに行動を左右されていたわけです。
 
 
 
そこで、彼女は
 
「私、誰からもそれを制限されていたわけじゃなかった!
自分がしたいようにして良かったんですね!」

 
と気づけたわけです。
 
 
 

その根深い罪悪感は、
本当は周りに溢れていた「優しさ」や「愛」すら
盲点にしてしまうんです。

 
 
 
疲れている彼女に対して、
ダンナさんが、
 
「そんなに疲れてるなら外食しよう!」
 
・・・と言ってくれても、
 
「ダメな自分と思われてしまう
・・・と思って、
余計がんばろうとしてしまう。」

 
 
 
そして、ダンナさんからの優しさや愛に気づかず、
素直にそれを受け取れていない状況を創りだしていました。
 
 
 
「こう生きなきゃ・・・」
 
と、がんじがらめになっていると
こんな優しさや愛が溢れていても、
気づけないんですよね。
 
 
 
そして、
 
「分かってくれない!」
 
・・・と、「ない」ばかり見てしまっていた
ことにも気づけました。
 
 
 
それと、お子さんへの配慮もあったんですが、
 
「ケンカしているのを子供に見せたくない」
 
「自分が頑張らないと、外食ばかりになって子供に良くない」
 
 
 
これも、思い込みです!!
 
 
 
お子さんは、
声を荒げてケンカしていなくても
何でも感じています。
 
 
 
ケンカを避けて、
言いたいことを言わない状況にして
表向き、ケンカを避けていても
そこまで追い詰められた状態の母親に
何も感じないはずはありませんよね。
 
 
 
彼女自身がぼーっとできて、ゆるんで、
いつも笑顔でいられたら、
それもお子さんに伝わりますよね♬
 
 
 
外食だって、何だって、全然よくて、
お母さんがご機嫌で笑顔でいてくれることに
勝るものはないと思います。
 
 
 
他者との関係性であっても、結局は、
 

「本当の自分はどう在りたいのか?」


 
です。
 
 
 
ここを徹底的に感じていくと、
思考や行動の軸が整うので、
おのずと優先順位はつくし
それが一番あなたらしく幸せに生きられます♬
 
 
 

「現実は、自分のマインドの写し鏡」


 
・・・と言われるように、
自分の幸せなくして、周りの幸せはありません。
 
 
 
他の誰かの人生を生きるのではなく、
自分の人生を生きて下さいね♡
 
 
 
思考グセ、習慣、行動パターン。
 
 
 
これらを変えていくためには、
まずは、自分のことを知る必要があります。
 
 
 
そして、自力でこの部分を
修正していくにも限度があります。
 
 
 
なぜって、そこは、
自分では無意識、当たり前の部分だからです。
 
 
 
苦しく感じる感情、不安、このほとんどが
思いグセ、勘違いであることがほとんどです。
 
 
 
そこに気づき、思いグセの根っこから変えていくのが、
潜在意識のセッションです。
 
 
 
メッセージの最後に、
言われた嬉しかった言葉♡
 
 
 

「かおりさんのワードには、
私が聞きたかった、
言われたかったワードがいっぱい!」


 
 
 
第三者の視点で、掘っていくことで、
新たに気づけることはたくさんありますからね!
 
 
 
前に進みたい方は、お気軽に相談くださいね~♡