いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
先週、息子が通う
ヨコミネ式教育の保育園対抗のスポーツ大会
 
【ヨコミネ横浜カップ杯】
 
が開催され、12園250人近くの年長児が競い合いました!
 
 
 
そんな中で、息子は、見事、
逆立ち歩きを40mクリアしてくれました♪
 
 
 
12園の合計でクリアできた人数は全体の15%程度。
 
 
 
息子が通う園では28人中クリアしたのは2人だけ。
 
 
 
それがこちらの動画です↓
(他の園ではなかなか見られないものだと思います笑)
 
 

 
 
この動画は、昨年、まだ息子が年中の時に
当時の年長児のものを録画して見せていました。
 
 
 
1年後をイメージしてもらいたかったから!
 
 
 
その当時、出来ていたのは逆立ちのみで
まだ一歩も歩けなかったのですが、
それでも
 
「来年はココ(ゴール)にいるよ!」
 
とイメージさせていました。
 
 
 
そして、1年後にはまさにこれを
クリアできるようになっていたんですよね!!
 
 
 
そうは言っても、正直、その当時の私は、
これを1年でクリアできるようになる・・・とは
信じきれていませんでした(-_-;)。
 
 
 
やっぱり過去のデータで未来を計ってたんですよね。
 
 
 
でも、子供って「過去」とか「現状」とかで
「未来」を想定しないですよね。
 
 
 
「今、できない」からって
「1年後も無理かなあ~」なんて言わない。
 
 
 
「どうなりたいか」だけ決めたら、あとはそこに向けてやるだけ。
 
 
 
やりたかったらやるだけだし、
それでも出来なかったら、残念だったね、で終わり。
 
 
 
ただそれだけ。
 
 
 
思考をごちゃごちゃ働かせないんですよね。
 
 
 
子供を見ていたら、
不可能なんてないんだな、って思うんです。
 
 
 
そばにいる私が続けてきたことは、
それが叶った状態をイメージして
(時には、本人にも想像させて)
 
「あなたならできる!」
 
と彼に言い続けることだけでした。
 
 
 
で、見事イメージ通りの現実が目の前に現れた。
 
 
 
息子は時に弱気になっていたりもしましたが、
それでも私のスタンスは変えずに
 
「大丈夫、大丈夫。できるから!」
 
の一点張り(笑)。
 
 
 
そうやって練習をしてきた結果、
大会前日、ドキドキしていた私を前に
 
「大丈夫!かけっこは1位取るし、逆立ち歩きもクリアする!」
 
と言い切り、見事にどちらも実現させた。
 
 
 
「僕はできる」
 
という自分のセルフイメージを
無意識に確立していったのかもしれません。
 
 
 
やりたいことに真っすぐな姿勢は
大人は子供を見習いたいものですね!!
 
 
 
意識が現実を創っています。
 
 
 
過去のデータに囚われて、
「今」や「未来」を計ってしまうほど
勿体ないことはありません。
 
 
 
「できる」も「できない」も
全部ぜーんぶ、自分の頭の中で決めてしまっているだけ。
 
 
 
どうなりたいの?こうなりたい!
 
 
 
それでもできない理由が出てきたら、
それは全部過去のもの。
 
 
 
「今、どうしたい?」
「今、どうなりたい?」

 
 
 
始点はいつも「今」にあることを忘れないで下さいね!!

 

 

 

☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━

潜在意識開花メソッドを使った

マインドトレーニング、

セッション、お茶会、ランチ会などは、

メルマガ(無料メール講座)

ご案内&募集しています。

━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆

 
 

無料メール講座はコチラ | メールマガジン