いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
以前、私がとても尊敬している方が
こんな話をしてくれました。
 
 
 
『他者に対して、
期待をしてはいけない。』

 
 
 
それは、結局のところ
 
「自分で勝手に期待して、
自分でがっかりするだけだから」

 
・・・と。
 
 
 
「私はあの人のために
こんなにやってあげたのに、
あの人はなんで返してくれないの?」

 
とか、
 
「私は100あげたのに、
あの人からは50しか返ってこない・・・」

 
とか、
 
「私が与えたものを、無視してる!!」
 
とか、
 
「私はこんなに期待しているのに、
なぜあの人はその期待に応えてくれないの?」

 
とか・・・
 
相手に勝手に抱く期待への
見返りを期待するから

 
だと。
 
 
 

これ、すごく分かるんです!!
 
 
 
特に、夫婦間なんて
これじゃないですか(笑)!?
 
 
 
「言わなくてもやってよ!」
 
とか
 
「これぐらい分かってくれてると思ってたのに・・・」
 
とかね(笑)。
 
 
 
与えるなら、
とにかく愛を持って与え、
期待なんてせず、
与えてそれで終わりにする☆彡

 
 
 
相手に期待しちゃうのは、
『自分への愛が足りないから』
 
 
 
自分というものへの理解、
自分というものへの信頼、
自分というものへの愛情、が足りないから。

 
 
 
自分から溢れているものを与えているのではなく、
自分がギリギリ精一杯・・・っていうところで
身を削って与えているから、
あとから見返りを要求しちゃうんです。
 
 
 
『期待をしない』
 
と聞くと、なんだか人間味に欠けて
冷めているように感じるかもしれませんが
そうじゃなくて、
 
自分が『愛』に満ちた状態で
誰かのためにする行動については
無理せずとも、見返りって全然求めないんですよね。
 
 
 
「私はこんなに親切にしてあげたのに!!」
 
「私はこんなにあなたのためを思って考えているのに!!」
 
 
 
これって、相手のためじゃなくて、
結局は【自分のため】なんですよね。
 
 
 
これこそ、
 
『無言の期待』
 
という名の
 
『勝手な愛の押し付け』
 
です(笑)。
 
 
 
こういう時は、
【自愛】が足りてないんだな~と気づき、
とことん自分満たしに励んで下さいね!!
 
 
 
これ、ビジネスでも起こること。
 
 
 
以前はクライアントさんに対して、
 
『ちゃんと行動して、
結果をだしてほしい!』

 
と期待していましたが
私はそれをやめてみました。
 
 
 
もちろん、私は私で、
全力で自分の知識や情報を提供します。
 
 
 
でも、相手がそれを活かすかどうか
・・・は、相手の問題。
 
 
 
潜在意識開花トレーニングでもやるんですが、
自分と相手の間の「境界線」を守る。
 
 
 
自分の課題と、
相手の課題を分けるんです!
 
 
 
私は自分のやれるだけのことを本気でやる。
 
 
 
それを、相手がどう受け取るかは、相手の事情。
 
 
 
結果は手放す。
 
 
 
以前は、すべてを自分の責任のように
背負っていた時期もあったので、
これができるようになってかなりラクになりました^^
 
 
 
自分は自分、相手は相手。
 
 
 
満たすべきは『自分』で、
それができていれば
勝手に相手も満たせていますよ♡

 

 

 

☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━

潜在意識開花メソッドを使った

マインドトレーニング、

セッション、お茶会、ランチ会などは、

メルマガ(無料メール講座)

ご案内&募集しています。

━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆

 
 

無料メール講座はコチラ | メールマガジン