いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
 
山口香です。
 
 
 
誰かのためになろうとする無意識のクセ。
 
 
 
もしくは、そうでなければいいけない!という思い込み。
 
 
 
あなたは持ってませんか?
 
 
 
誰かのためになる自分像として
設定しているのが、
いわゆる『理想の自分』
 
 
 
*かわいい自分でいたい
 
*かっこいい自分でいたい
 
*素直な自分でいたい
 
*できる自分でいたい
 
*稼げる自分でいたい
 
*機嫌のよい自分でいたい

 
 
 
その理想像って、本当の本当に
あなたの中で求めていることでしょうか?
 
 
 
その理想の奥深くに眠っている願望は、
ほとんどの場合
 
『自分以外の誰かの喜び』
 
につながっていることが多いんです。
 
 
 
小さい頃なら、
お父さんとかお母さんとかご家族。
 
 
 
成長して少しずつ変わっていって、
先生とか先輩とか
上司とか彼氏彼女とか。
 
 
 
そう、小さい頃はそれでもいいんです。
 
 
 
親や周りの人の「愛」がなければ
生きていけませんから・・・・。
 
 
 
でも、そうやって
他の人が喜ぶための生き方がクセになると
大人になっても、無意識に
 
『他の人の喜びのため』
 
だけに生きてしまっていたりします。
 
 
 
その憧れの『理想像』を抱き、
そこに向かうことで、
 
『自分は誰かのために、がんばっている』
 
と、間接的に自分を褒めてあげることができるわけです。
 
 
 
でも、
 
いいことしてるはずなのに!
 
こんなに頑張っているのに!



なんかモヤモヤしてるー(-_-;)!!
 
っていう方は、その『誰か』という部分に、
『自分自身』が全く入っていないのかもしれませんー!!
 
 
 
つまり、自分の持っている理想像や
 
「こうなりたい」
 
「こうありたい」
 
というのが、自分から出てきた欲求ではない場合。
 
 
 
その理想像は、強制的、かつ支配的なものになり、
後ろから追いかけてくる
何か怖いモノに変わってしまうのです・・・。
 
 
 

それが、いわゆる
 
『~でなければならない』
 
『~であるべき』
 
という自分への制限や強迫観念になるのです。
 
 
 
理想を持つことや目標をもつことは大切ですよね。
 
 
 
誰かの為になりたい!
 
誰かの喜びの為に何かをしたい!
 
・・・というその心は、
もちろん持っていてもよいと思うし、
完璧に手放すことなどできません。
 
 
 
でも、その理想像や自分の中に秘めている
 
『誰かの為に』
 
が、
 
『自分自身をも満たすもの』
 
であるかどうか。
 
 
 
不安や恐れからくるものではなく、
自由で、安心できるもので、
愛あるものであるのかどうか。

 
 
 
ここは、『お家のお掃除』と同じくらいの頻度で、
常に自分の中で確かめていて頂きたいもの。
 
 
 
その理想は、他の誰でもない
『あなた』が(も)喜ぶものになっていますか?

 
 
 
他の誰かの喜びのためではなく、
『あなた自身』を
喜ばせてあげる人生にして下さいね♡

 

 

 

☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━

潜在意識開花メソッドを使った

マインドトレーニング、

セッション、お茶会、ランチ会などは、

メルマガ(無料メール講座)

ご案内&募集しています。

━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆

 
 

無料メール講座はコチラ | メールマガジン